海外の昆虫採集

海外(マレーシア コタキナバル)での昆虫採集では、モーレンカンプオオカブトやガゼラツヤクワガタ、サイカブト、ヒメカブト、ヘビトンボ、アリジゴク、名前がわからない大カミキリ、黄金色に輝くコガネムシなどを捕まえることができた。 今回は、上海を離…

上海の水中生物採集

上海でも気温がグッと冷え込みはじめ、11月に虫とり網を公園で振り回しているのは、もはや僕の息子くらいであり、昆虫を見かけることも少なくなってきた。 「日本人親子よ、この季節に何を採るのか、、、」という地元の方々からの暖かい視線をいつも感じてい…

上海のおススメ昆虫関連スポット

上海のおススメ昆虫関連スポットについて紹介したい。 上海には、上海自然博物館(浦西)と上海大自然昆虫館(浦東)の2つの有名な昆虫関連スポットがあり、今回は上海自然博物館について、昆虫フォーカスの観点で書き残したい。 小学生の息子が「寒くなって…

上海でのその他の昆虫採集(初夏~秋)

2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、カブトムシやクワガタのようなメジャーで子供に人気がある虫だけでなく、様々な昆虫や生き物をつかまえた。今回はその一部を紹介する。 上海で採れたクマゼミ 上海では、クマゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ…

親子で昆虫採集100日間 in 上海 へようこそ

中国・上海では、昆虫のことを(虫子:チョンズ)と言うらしい。 小学1年生の息子と、家の近くや公園で虫とりをしていると、いつも上海の地元の方々から話しかけられる。(上海では、虫とりをして遊ぶ子供はほとんどいない。魚とりは結構見かける) 息子は昆…

上海のヒラタクワガタ採集

2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、もっとも多く採れたクワガタは、ヒラタクワガタ。オスとメス通算45匹ほど(2019年10月23日時点)採れた。 日本でよく採れるノコギリクワガタやコクワガタは上海では1匹も採れなかった。採集した昆虫は、“…

上海のオオクワガタ採集

2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、オオクワガタはオス2匹とメス1匹の通算3匹(2019年10月23日時点)採れた。 この他にも10月中旬にオオクワガタのオス1匹を見つけ、7日間にわたりしつこく毎晩その柳の木を訪れたが、ウロの奥から彼が出てく…

上海のカブトムシ採集

2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、カブトムシはオス8匹とメス12匹の通算20匹(2019年10月23日時点)採れた。 日本のカブトムシと比較すると、やや大きい個体が多いという印象。あと、やっぱり上海でもカッコいい。小学生の息子がカブトムシ…

上海のコカブトムシ採集

2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、コカブトムシはオス2匹とメス1匹の通算3匹(2019年10月23日時点)採れた。 そもそも、コカブトムシなる存在を知らなかったが、よく見ると小さなツノが可愛く、愛着が沸きやすい姿をしている。 樹液だけで…

上海のカミキリムシ採集

2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、カミキリムシは通算60匹(2019年10月23日時点)以上採れた。 真夏の時期、上海の柳の木にはかなりの高確率で、シロスジカミキリ、ゴマダラカミキリ、クビアカツヤカミキリ、ウスバカミキリがいる。 小学生…

上海のグンバイトンボ採集

今年2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、グンバイトンボは通算4匹(2019年10月23日時点)採れた。 小学生の息子の中で圧倒的な地位を誇る甲虫に次いで、採集した際にとても喜んでいた昆虫がグンバイトンボであり、日本では都道府県によって絶…

上海のカマキリ採集

2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、カマキリは通算30匹(2019年10月23日時点)以上採れた。 カマキリ先生の大ファンである息子としても、カマキリには一定のリスペクトがあるようだ。上海ではハラビロカマキリ、オオカマキリ、コカマキリな…

上海のチョウ採集

2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、チョウは通算50匹(2019年10月23日時点)以上採れた。 上海で採れたチョウの中で、小学生の息子の優先順位は、アオスジアゲハ、シロオビアゲハ、ベニモンアゲハ、ツマグロヒョウモン、タテハチョウ、モン…

昆虫採集の準備物・持ち物

2019年の100日間にわたる上海での昆虫採集を通じて、小学生の息子が愛用していた昆虫採集に関する準備物や持ち物を紹介したい。 昆虫図鑑 昆虫採集事前と、採集後の確認に、息子が使用しているのはこれらの図鑑。それぞれ掲載の仕方に特徴があり、これら5冊…